初めてのアメリカ海外旅行インディアン・スピリチュアル紀行

カテゴリ【日本とアメリカの文化の違い】

海外旅行の醍醐味といえば、やはり文化の違いではないでしょうか。

 

こんなこともあるのか!とか、へぇ〜こういう習慣みたいなのがあるのかな?なんて思うことも、旅行の楽しみの一つですよね。

 

そういった発見とか、アメリカから日本に帰ってきて、ちょっとショックだなと思ったことなどを書いています。

日本とアメリカの文化の違い記事一覧

今回の旅を終え、アメリカの魅力を紹介するとすれば、それは、アメリカの人たちは、すごくフレンドリーだったということです。日本人と違って、話したいときに話せました。(日本だと、空気を読んだり、気をつかいつつ…これは話していいかな?という感じで話すことが多い)目を合わせたいときには、目を合わせられます。なんか、気軽にいられました。日本にもいいところはありますし、アメリカの悪いところを見つけようと思えば見...

基本的にアメリカの人たちは、目をそらさないことが多かったです。必ずといっていいほど、目をあわせてきます。アメリカの人、それぞれの個人の気持ちというのが強いという印象を受けました。目を合わせたくないという人のときには、絶対に目を合わせないというのがありましたね。そういうところは、ハッキリとしていると思います。この人とは、話したくないっていうときには、目をそらしたままという感じですね。こういう言い方を...

見られたくないとき、じーっと見られるっていうことがありました。ガーデンテラスというかビアガーデンみたいなところがあります。そこに私たちツアー客が車から降りてきて、さあどうしようかなってなっているときに、日本人なら普通見ていないところを、アメリカ人たちは、この人は誰だろ?という感じで、ずっとビールジョッキを持って、私たちツアー客を全員で見ているんです。そのアメリカの人たちと目があって、こちらが会釈す...

アメリカの店員は、それぞれ自分の価値観を持っているようでした。個性があるといったらいいのでしょうか。お客さんとも、割と自由に話していました。冗談を言ったりとか。日本の接客業だと、マニュアルのようなものがあり、そのとおりにするものという感じですよね。親しいふうに話すことはあっても、礼儀を忘れないというか。アメリカの店員とは、会話を楽しんだりという交流がありました。日本であれば、なじみのお客さんと商店...

アメリカでは、道行く人々と目が合うと挨拶してくれました。私も笑顔で挨拶をしていました。そういうことが、すごく気持ちがよく、うれしかったです。日本に帰ってきて感じたことは、日本の人々の顔が無表情に感じたことが多かったです。道ですれ違ったとして、もし、なにかあったとしたら、アメリカでは「ソーリー(sorry)」とか一言、必ず言っていました。でも、日本だったら、そういうことがあったとしても、無表情でうな...

page top