初めてのアメリカ海外旅行インディアン・スピリチュアル紀行

アメリカの店員と会話を楽しむなどのことができた。

アメリカの店員は、それぞれ自分の価値観を持っているようでした。

 

個性があるといったらいいのでしょうか。

 

お客さんとも、割と自由に話していました。冗談を言ったりとか。

 

日本の接客業だと、マニュアルのようなものがあり、そのとおりにするものという感じですよね。親しいふうに話すことはあっても、礼儀を忘れないというか。

 

アメリカの店員とは、会話を楽しんだりという交流がありました。

 

日本であれば、なじみのお客さんと商店街のおばさんの店員みたいな関係ともいえるでしょうか。

 

私が行ったアメリカのお店は、小さなお店ばかりでした。日本でもあるような居酒屋のようなところですね。

 

日本でも、私がアメリカで体験したような店員との楽しい会話があることはあるなって思います。

 

アメリカでも大型店に行くと、日本の大型店と同じような感じなのかもしれませんね。

 

アメリカのウォルマートっていうスーパーマーケットに行きました。

 

ものすごく広いスーパーマーケットでした。歩くのに時間がかかるなって思うぐらい広いです。

 

そこで私はアメリカの雑誌、洋雑誌を購入しました。

 

ウォルマートの店員の名札が、ファミリーネームじゃなくてファーストネームでした。日本だったら名字、山田太郎さんだったら「山田」と名札にかかれていますが、アメリカだと「太郎」という名札になっていましたね。

page top