初めてのアメリカ海外旅行インディアン・スピリチュアル紀行

カテゴリ【チップについて】

日本国内にはない習慣「チップ」。アメリカで実際に体験したチップの支払いの体験などを掲載しています。

 

アメリカでのチップのルールとは?どういうお店ではチップを払うのは、どういうお店では払わなくてよいのか、チップという習慣について思うところなどを書いています。

チップについて記事一覧

チップが、代金の1割なんです。モーテルで1ドル。レストランで、100ドル買っていたら10ドルですね。1割なんで。チップは机に置いておきます。そうするとウェイトレスの人が、その机の上に置かれたチップを持っていきます。レストランのウェイトレス(ウェイター)は、日本のレストランと違って、名刺を持って来てました。「ジョージと言います。」みたいな感じで名刺を持ってきていました。そのジョージさんは、すごく気配...

私が思うのは、そういうチップとか従業員にお金を払うのは雇用者がすることなんじゃないかな〜なんて思うこともあります。しかし、これは日本とアメリカの考え方の違いなんでしょうね。日本だと、レストランで、いい接客をしてくれたって思ったとしても、別にチップを、その従業員にお客が払ったりしませんよね。なかには、「とっていて」みたいな感じで渡そうとする人もいるかもしれませんが、たいていの従業員は「受け取れません...

チップっていうのは、どんなお店のときにでもいるものなのかといえば、そうではなかったです。コンビニエンスストアとかは、チップはいらないと聞いていました。屋台のようなところではチップは払っていませんでした。ホテルとかレストランとか、そういう接客業のところはチップがいるんじゃないでしょうか。私は、この2箇所しか、チップがいるようなところに行っていないので、他は分かりません。そういうチップを払ったりとかし...

page top