初めてのアメリカ海外旅行インディアン・スピリチュアル紀行

旅行前、スウェットロッジが日本でもできないかと考え始めました。

インディアンが大好きになったのは、ある本に出会ったのがきっかけでした。その本は、アメリカインディアンに関して書いてあった本だったんです。

 

そのアメリカインディアン探求の旅を、なんとかして日本でも行えたらいいのにと考えはじめました。

 

日本国内で旅ができないかということではなくて、アメリカで行われているスウェットロッジのセレモニーを日本でも開催することができないかなって思ったということです。

 

そういうふうに考え始めていたときに、インターネットで調べていたら、ある方がワークショップを開いていることを発見しました。

 

そのワークショップというのは、本格的なインディアンのスウェットロッジというセレモニーを日本で開いているというワークショップでした。

 

そういうワークショップを私は見つけてしまいました。

 

その情報に出会ってから、初めて行ったときは、一泊二日で行きました。だいたい2〜3回は行ったでしょうか。

 

初めての時は、普通に参加して超常現象っぽいのを見てしまったりとかしました。光るはずのないものが光ったりといったことです。

 

ラトルというのがあります。雷が鳴るといったシンボル的なイメージをもったのを振っていると発光しはじめました。スウェットロッジの中でですね。

 

でも、スウェットロッジでの超常現象だけにはとらわれてはいけないです。

 

本当に大事なのは、探求の旅で自分がどんなことを問いかけたいとか、どういう人生を送って、いかに生きるべきかとか、そういうことのほうが大切です。

 

スウェットロッジは、一言で言うと体内の浄化作用を行うところという感じでしょうか。

 

スウェットロッジは直訳すると「汗の家」となります。そういう意味があるので、それだけ多くの汗をかくということなんです。

 

どれだけ汗をかくかといったら、たぶん水2リットル分ぐらいでしょうか。長い時間は入っていると、そんなふうに大量に汗をかいてしまいます。

page top