初めてのアメリカ海外旅行インディアン・スピリチュアル紀行

コイン(硬貨)を覚えるのが大変だった。

クレジットカードがない代わりに、覚えるのが大変だったことが何点かありました。

 

コイン(硬貨)の、どれが何セントか覚えるのが大変でした。

 

アメリカの小銭であるコインに慣れていないのもあるし、これが何セントかって数字で書いてないのもあって、分かりにくいんです。

 

↓これが実際の米国の硬貨(ちょっと写真見にくかったですね(汗))
アメリカの硬貨の写真 

 

日本だと「10」とか「100」とか「500」とか大きく書いてますよね。日本の硬貨は、かなり親切設計。

 

現金を使用するなら、このコインは何セントかっていうのを覚えたほうがいいと私は思います。

 

面白いのが、別の呼び方があることです。

 

ワンダイム(ONE DIME)っていう別名があります。

 

たとえば「10セントください。」って言われないときがありました。そのときは「ワンダイム(ONE DIME)ください。」って言われたんです。

 

10セントを1ダイムっていうときもあるわけです。

 

ワンニッケル(Nickel)っていうのもあります。5セントですね。

 

1セントは1ペニー(ワンペニー)Pennyでした。

 

こんな感じでアメリカの硬貨は、けっこう覚えにくく別名もあるので慣れていないと、大変ではないでしょうか。

 

↓もう一枚写真を撮影したので掲載。
アメリカの硬貨の写真その2 

 

クレジットカードではなく現金メインで旅行しようという人は、特にそうなると思います。

 

今回の旅行では、私は、トラベラーズチェックは関係ありませんでした。

 

お財布のような海外プリペイドカード を使うっていう方法もあるみたいです。

page top