初めてのアメリカ海外旅行インディアン・スピリチュアル紀行

ツアーというよりはワークショップでした。

ツアーとは言っているんですが、今回の旅行は海外でのワークショップという感じでした。

 

ワークショップというのは、いろんな体験をしたり作業をしてみたりというふうなのですね。

 

観光旅行とは違って、体験や作業をしに行くという感じなので個人個人がしっかりしないといけないというふうでした。

 

コーディネーターの人は一週間ぐらい前に現地に行っていて、成田航空からアメリカ現地の空港に行くまでは、参加者だけでした。

 

そのアメリカの空港でコーディネーターが待っているというのは、初めてアメリカの空港に着いて、さらに飛行機をセスナ機に乗り換えて着いたアメリカ2度目の空港で待っているという状態だったんです。

 

その間、英語をある程度話せるのが私だけでした。

 

しかし、何回もアメリカに行っているツアーの関係者の方がいたので、その人をリーダーとして現地まで行きましょうということになっていました。

 

こういう状態での初めての海外だったということもあり、不安を感じることはありました。アメリカの空港での乗り換えもしないといけないわけですから。

 

アメリカでの飛行機の乗り換えから目的地に着くまで大変でした。

 

パックツアーのような添乗員がついて行ったりっていうことがなかったわけです。

 

そういう旅行ですから、個人個人がしっかりしないといけないわけですね。

 

初めての海外だと添乗員同行のツアーのほうが、まあ安心といえば安心できそうです。

page top